FC2ブログ
学ぶために何を読む? ホーム » スポンサー広告 » ■ 政治 » 【混乱の本質 叛逆するリアル 民主主義・移民・宗教・債務危機】思考の刺激


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【混乱の本質 叛逆するリアル 民主主義・移民・宗教・債務危機】思考の刺激

混乱の本質 叛逆するリアル 民主主義・移民・宗教・債務危機(ジョージ・ソロス)

 「Project Syndicate」の論説を抜粋し翻訳した本だ。2012年の予測なので内容的には過ぎ去ったものではあるが、当代一流の論客たちが、現在の状況についてどう考えているのかが示されており、刺激的な内容となっている。




書評


評価:☆☆☆☆

 「Project Syndicate」の論説を抜粋し翻訳した本だ。2012年の予測なので内容的には過ぎ去ったものではあるが、当代一流の論客たちが、現在の状況についてどう考えているのかが示されており、刺激的な内容となっている。
 もっとも、一部は単なる宣伝のような気がしなくもないが…。

ジョージ・ソロス「危機を前に凍りつくヨーロッパ」

ジョセフ・E・スティグリッツ「根拠ある悲観論の時代がやってくる」

クリスティーヌ・ラガルド「途上国の人々を救うために、まず先進国経済を活性化させよう」

ジャン=クロード・トリシェ「未来のヨーロッパ」

エスター・ダイソン「政府を占拠せよ!」

ケマル・デルビシュ「アラブの春の経済的課題」

ピーター・サザーランド「約束の地の後に来るもの」

林毅夫「工業化の黄金時代再び」

ローラ・ダイソン「嵐に突入するアジア」

李肇星「二〇一二年に中国が欲すること」

ヴィシャーカ・N・デサイ「アジアの女性指導者も実力派の時代に」

ハビエル・ソラナ「強いEUを作るために」

アン=マリー・スローター「外交家オバマ」

ニーナ・L・クルシチェヴァ「皇帝プーチンの危うい復位」

ボブ・ダイヤモンド「銀行は、よき市民たりうるか?」

トニー・ブレア「宗教と信仰の重要性を直視しよう」


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yomumanabu.blog89.fc2.com/tb.php/234-4d6684b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。