FC2ブログ
学ぶために何を読む? ホーム » スポンサー広告 » 社会 » 【ビブリア古書堂の事件手帖 (3) ~栞子さんと消えない絆~】痕跡から浮かび上がる人物像


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ビブリア古書堂の事件手帖 (3) ~栞子さんと消えない絆~】痕跡から浮かび上がる人物像

ビブリア古書堂の事件手帖 (3) ~栞子さんと消えない絆~(三上延)

 北鎌倉駅ほど近くにあるビブリア古書堂の店長である篠川栞子に心惹かれた五浦大輔は、店員として勤めることになった。この店には、古書だけでなく、古書にまつわる相談も数多く持ちかけられる。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 北鎌倉駅ほど近くにあるビブリア古書堂の店長である篠川栞子に心惹かれた五浦大輔は、店員として勤めることになった。この店には、古書だけでなく、古書にまつわる相談も数多く持ちかけられる。
 普段は無口な栞子も、本のことになると途端に饒舌になり、本にまつわるわずかな手がかりから、驚きの真相を導き出してしまう女性となるのだった。


ロバート・F・ヤング「たんぽぽ娘」(集英社文庫)
 栞子の母である篠川智恵子を憎んでいるらしいヒトリ書房の井上太一郎から、栞子は古書を盗んだ疑いをかけられてしまった。現場は古書市場だ。
 栞子の幼なじみである滝野蓮杖のとりなしを受けつつ、消去法から彼女は真相に至ることになる。


「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」
 坂口昌志の妻の坂口しのぶから、一冊の本を探して欲しいと言う依頼が舞い込む。しかし彼女は、その本のタイトルも作者も出版社すら覚えていないらしい。わずかに覚えているのは、断片的な内容だけ。
 その手がかりを求め、しのぶと彼女から依頼を受けた栞子たちは、絶縁中の彼女の実家に赴く。そこで明らかになる、言葉とは裏腹の親の想いとは?


宮澤賢治「春と修羅」(関根書店)
 篠川智恵子の同級生だと言う玉岡聡子から、盗まれた本を探して欲しいと言う依頼が入る。そこで栞子たちが見るのは、本に愛着を抱き、そのためならば他のものを犠牲に出来る人の姿だった。


「王さまのみみはロバのみみ」(ポプラ社)
 折々で見え隠れする母の痕跡を追い、そこから母に至る道を見出そうとしているかに見える栞子。そんな彼女の側にいる妹の篠川文香は、姉に秘密を隠し持っていた。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yomumanabu.blog89.fc2.com/tb.php/210-f1ccdc43

-

管理人の承認後に表示されます

2012-06-28 07:21 │ from

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。