FC2ブログ
学ぶために何を読む? ホーム » スポンサー広告 » ■ 物理 » 【ガリレオの苦悩】湯川の姿勢が垣間見える短編集


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ガリレオの苦悩】湯川の姿勢が垣間見える短編集

ガリレオの苦悩(東野圭吾)

 天才物理学者・湯川学が事件の謎に挑む短編集。湯川の事件に対する姿勢は、一本筋が通っていて小気味良い。



書評


評価:☆☆☆☆☆

「落下る」
 自宅マンションのベランダから落下する女性・江島千夏。自殺かと思われたのだが、内海薫は現場の状況から他殺の可能性を感じる。しかし最も有力な容疑者である岡崎光也には、女性が落下する瞬間を別の場所から目撃していたというアリバイがあった。内海は先輩刑事の草薙俊平に頼み、帝都大学の湯川学准教授を紹介してもらう。
 内海の気の強さと、女性的な視点からの現場考察の一面、そして湯川との第一次遭遇が描かれる短編。

「操縦る」
 湯川の恩師・友永幸正の自宅の離れで、長年離れて暮らしていた息子の邦宏が殺害された。凶器は日本刀の様な長い刃物で、背中から胸にかけて一突きにされている。当日、友永宅に呼ばれていた湯川は、必然的に事件に関わることになる。
 友永が語る湯川の学生時代のエピソードが良い。一年かけて組み上げた論文を、基礎に誤りがあるからとあっさりと破棄して、別のテーマに鞍替えする。論理に忠実な湯川の姿勢を表現しつつ、今回の事件に対する湯川の決断を説明することに成功していると思う。

「密室る」
 大学時代の友人である藤村からペンションに招待された湯川。先日起こった密室の謎を解いて欲しいという。しかし、藤村の証言には、湯川に隠したい事実が見え隠れ。その真相とは?
 類は友を呼ぶとでも言うのか、藤村の潔い決断が目を引く。

「指標す」
 金持ちの老婦人が殺害され、金品が強奪された。しかし、容疑者たちにはアリバイがあり、操作の決め手を欠く。そんな時、最も疑わしい人物の娘が、ダウジングで現場からいなくなった犬の行方を発見したという連絡が入った。その真偽を確かめるため、湯川のもとに協力要請が行く。
 最後の湯川の姿勢には非常に共感できる。

「攪乱す」
 湯川のもに「悪魔の手」を名乗る人物から挑戦状が届く。その人物は、事故に見せかけて人を殺すことができるらしい。科学を殺人に利用する犯人に対し、湯川の静かな怒りが牙を剥く。
 無意味なプライドは、自分だけでなく他人も不幸にする害悪といえよう。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yomumanabu.blog89.fc2.com/tb.php/171-43af14a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。