FC2ブログ
学ぶために何を読む? ホーム » スポンサー広告 » ■ 歴史 » 【夢のまた夢 決戦!大坂の陣】秀でて頼りがいのある秀頼像


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【夢のまた夢 決戦!大坂の陣】秀でて頼りがいのある秀頼像

夢のまた夢 決戦!大坂の陣(森岡浩之)

 豊臣秀頼の奥小姓である神照庚丸は、徳川方からの策謀がきっかけでついに戦端が開かれることになった折、養父である和尚が島左近であることを知らされる。島左近を家臣に加え、ついに先陣に立つ事になった神照庚丸は、そこで様々なことを学んでいく。



書評


評価:☆☆☆☆

 豊臣秀頼の奥小姓である神照庚丸は、徳川方からの策謀がきっかけでついに戦端が開かれることになった折、養父である和尚が島左近であることを知らされる。島左近を家臣に加え、ついに先陣に立つ事になった神照庚丸は、そこで様々なことを学んでいく。
 SFが主戦場であるはずの作者が歴史ものということで何かおかしいなとは思っていたのだが、やはりSF設定が入っていたのか。注目のポイントは、この物語が誰の視点で描かれているのか?そして、歴史上の登場人物たちの動きが、知られている歴史と異なることもポイントだろう。

 しかしなぜ、この物語を手がけることになったのかな?

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yomumanabu.blog89.fc2.com/tb.php/167-ffecff2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。