FC2ブログ
学ぶために何を読む? ホーム » スポンサー広告 » 現代萌衛星図鑑(しきしまふげん / へかとん) » 【現代萌衛星図鑑】人工衛星や探査機の苦悩や喜びに共感できるかも?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【現代萌衛星図鑑】人工衛星や探査機の苦悩や喜びに共感できるかも?

現代萌衛星図鑑(しきしまふげん/へかとん)

 小惑星探査機「はやぶさ」で一躍スポットを浴びるようになった航空宇宙開発分野。しかし、はやぶさがぽっと出て来た訳ではなく、長い日本の航空宇宙開発の歴史がありました。だけど、それをじっくり調べるのは大変。そんな人にはこの本がおすすめ。
 表紙をパッと見ると真面目な人は引いてしまうかもしれませんが、中身は大層まじめ。単に、入り口の敷居を見た目で低くしているだけなのです。この本を読むと、人工衛星や探査機にもっと愛着が持てるようになるかもしれません。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 2009年9月18日、宇宙ステーション補給機(HTV)は国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングを成功させた。
 ISSの実験モジュール「きぼう」に設置された反射板にレーザーを照射し、その瞬きで位置を確認しながら、花びらが地表に舞い落ちるよりもゆっくりと、そっと優しく近づいていくHTV。その"体"は、ISSの"手"によって優しく抱き寄せられる…。

 本書では、このドッキングのノウハウの基礎を作り上げた技術試験衛星「きく7号」、愛称「おりひめ」「ひこぼし」や、小惑星探査機「はやぶさ」、月周回衛星「かぐや」など、現代日本の宇宙開発の象徴たる衛星群が擬人化(=美少女化)されて紹介されている。
 イラストは大層可愛らしいのだが、彼女たちに課されるミッションたるや、体育会系も真っ青の凄まじいものである。

 個人的なことを言うと、「はやぶさ」の署名キャンペーンや「かぐや」のメッセージキャンペーンにも参加したので、結構、日本の宇宙開発はそこそこ知っているつもりだったけれど、まだまだ知らない苦労話はいっぱいあるんだ、と思わされる本だった。
 とはいえ、それほど専門的に詳しく書いてある本でもない。このくらいのレベルでJAXAが小冊子を作って小中学校に配ったら、日本の将来の宇宙開発レベルも底上げされるのではないのかな?予算の問題はあるかもしれないけれど、教育は一朝一夕ではでき上がらないものだからねぇ。







にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yomumanabu.blog89.fc2.com/tb.php/10-a228ef95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。